長男塾へ行く

我が家は長男が小2、長女が年長からZ会をやっています。私も夫も中学受験組だったので中学受験をして中高一貫校への進学を望んでいます。

息子は小3からZ会の中学受験コースを頑張っていて、毎日の学習習慣も身についていますし、計算や漢字といった基礎については割と力がついてきたのではないかと思っています。

そんな息子ですが、やはり国語や算数の記述問題、文章題のような応用問題になってくると途端に鉛筆が止まってしまうことが増えました。

私や夫もできる限り図に描いたり一緒に音読しながら一つ一つ噛み砕いて問題を解くようにはしているんですが、やはり素人なので難しい。

わかりやすいように選んだ言葉が逆に難しくなってしまったり、思考が止まってしまった息子にイライラしてしまったり、私か息子が切れてしまって勉強が止まってしまったり…。

なにかとうまくいかない親子関係…。まだ小4の前半なのにこんなんじゃ先が思いやられる…。

ということで夏から塾にサポートをお願いすることになりました。

息子は既にZ会でカリキュラムを進めていますし、大手の塾(SAPIXや四谷大塚、日能研etc.)は半年前から受験用のカリキュラムがスタートしていて中途入塾になるとついていけるか心配。

また大手塾は殆どが拘束時間が長いので帰ってくるのが遅くなるのも妹がいる現状では少し心配。(我が家は徒歩20分圏内に殆どの塾があるので心配はいらないのかもしれませんが)

息子自身もわからない教科(算数と理科)だけ教えてもらえれば大丈夫と言っていたので、息子は個人指導塾にお世話になることに決めました。

とはいえ勉強を教えて貰うのは楽しめるか心配していた息子。小学校の勉強は簡単すぎてつまらないし、Z会の応用問題は難しすぎて止まっちゃう。自分は勉強に向いていないんじゃないかと心配していたので塾初日は朝から緊張モードでした。

最初は私も塾の入り口までついていきましたが、吐くんじゃないかと思うくらい緊張していてこっちまで心配に。

でも行ってみたらめちゃくちゃ楽しかったみたいで、塾の話をたくさん教えてくれました。帰ってきて開口一番「お母さん、塾超楽しかったよ!」と言ってくれたのでホッと胸を撫で下ろしました。

先生は息子が難しく感じているところをじっくり聞いてくれて(今回は月の満ち欠けだったようです)、ホワイトボードに丁寧に描いて説明してくれたみたいです。時々わかっているか息子に説明させて知識を定着させてくれるところも個人指導ならではですね。

こんな感じで少しずつ勉強の面白い部分に触れていってくれるといいなあと思っています。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。