息子の塾選び

息子は小学校2年生の頃からZ会をずっと続けています。Z会は通信教育の一つで自宅に届いた教材を自分のペースで進めて添削問題を月末までに提出するシステムになっています。

息子はZ会は性格にあっていたみたいで、毎日コツコツと自分のペースで進めてくれて、自然と勉強習慣が身についたように思います。

小3からは中学受験コースというコースを受講して国算理社の4教科を勉強しています。

勉強週間やペースは問題なく、息子は2年間一度も提出が遅れたことがありません。昔私がZ会をやっていた頃は遅延してばかりだったので、息子を心から尊敬しています。小2の娘も息子の影響でやはり提出期限を遅れたことはありません。その点においてはほんとすごいなあと思っています。

ただ、そんな勉強習慣のできている息子ですが、小4になって勉強内容が複雑化してきたこと、覚えなければいけないことが増えてきたことなどから、少しずつ添削問題で点数が伸び悩んできてしまいました。

やはり自分から勉強するとはいえまだ小学生の男の子。映像授業だけで全てを納得できるというのはなかなか難しそう。「もう一回授業を観てみたら?」と言っても一度やった勉強を繰り返すのは時間が延びるだけと思うのか渋ってしまいます。反復の重要性はまだ感じておらず、先に先にいくスタイルになっています。

なのでこういった部分を補って貰うためにサポート的な塾を最近検討し始めました。ちゃんとできているかを確かめて質問してくれるところがいいので我が家は個人指導塾一択。

集団塾は検討していないわけではないですが、積極的に発言できなければ映像授業とあまり変わらない印象なので…。他の子達は大体小3の2月から塾をスタートしているのでその中に入っていって積極的に輪に入っていくのは息子の性格的にハードルが高そうです。負けず嫌いなので食らいついていってくれそうではありますが。

ですので最近自宅付近の個別指導塾を探しているのですが、さすが教育熱心な土地柄、本当に沢山の塾があります。集団塾の中にある集団塾のサポート的な塾、完全マンツーマン授業をしてくれる個別指導塾もあれば教師1人につき2人の生徒がつき、1人に指導してる間はもう1人は課題を解いておくといったスタイルの塾。

いくつか見学をしただけで親の私もぐったり。目に入る情報が多すぎて一回一回整理しないとごっちゃになってしまいます。

息子の場合、勉強習慣は身についているので解答の作り方や応用面でのテクニックを塾の方に教えていただきたい。解答の精度向上が目的です。そして中学受験合格に見合った学力を確実に身につけること。

あとは妹が家だとちょっかいかけてくるので、学習に集中できる静かな環境であること。

複雑な問題、一見して解けなそうな問題でも手を動かして考えれば解けるといった感覚を覚えられる環境であること。勉強って楽しいって思えれば自走できますからね…。そう言ったことを教えてくれる塾にお願いしたいです。

あとは複雑化する中学受験のシステムを親に教えてくれるところもポイント高しです。

それらを条件に息子にあった学習塾を見つけたいと思います。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。