図鑑ミュージアムに行ってきました

子供達が数日前から銀座の図鑑のところに行きたい行きたいと言ってきて、なんだそりゃと検索してみたところ、小学館の図鑑Neoが「図鑑ミュージアム」なるものを銀座でやっていると出てきたので行ってみました。

場所は東急プラザの6階。東急プラザはレストランが割と好きなところが多いので時々行くのですが、こういったイベントを行うスペースがあることは初めて知りました。

図鑑ミュージアム入り口

図鑑ミュージアムは事前に専用サイトで来館時間を予約する必要があります。今は緊急事態宣言中だからか当日朝でも割と予約が取りやすいみたいです。

東急プラザ6階に行くとミュージアムショップがあってその奥に受付があります。

受付が終わると展示スペースに行くための列に並びなおします。そのときに「記録の石」という不思議アイテムを貸してもらえます。言語設定が「英語」「日本語(漢字有り)」「にほんご(漢字なし)」から選べます。

記録の石。割と大きめ。

展示スペースに入るとまずちょっと広い空間に20人くらいまとめて入室してチュートリアル。「記録の石」の電源とタイマーをセットしてもらいます。

その後、1匹目の動物(ミミズク)を「記録の石」に登録するチュートリアルを受けてその後自由に探索が始まります。この経緯がなんともゲームのチュートリアル感がすごいなあとゲーム好きの私は関心してしまいました。

自由探索エリアは東急プラザのワンフロア半分くらいなのでそこそこ広いですね。そこに大小様々な大きさのスクリーンがあって、動物が登場します。

その動物を「記録の石」に保存することがミッションなのですが、動物がスクリーンに写っていれば「記録の石」にすぐに記録できるわけではありません。

まず、「記録の石」の画面に「動物のシルエット画像」と「この動物がこれこれの行動をしているときに画面をタップしなさい」的な指令が映し出されます。

そしてスクリーン内の動物を観察して待ちます。指示された行動をとっているときは動物が光るので、光っている時を狙って「記録の石」のスクリーンにタッチ。すると「その動物を記録しました」と表示されて、動物の名前、生息地、特徴が表示されます。

なんかこれポケモン図鑑ぽいなあと思いつつ、やっぱこういったコレクト系って人気になるんだなあと思いました。うちの子供達だけじゃなくその場にいた子供達みんな夢中で動物を探していましたよ。

これ、大人も子供もわりと夢中になってはまっているので、誰も帰らず人がどんどん増えたらどうしようと思ってたんですが、そこはよく考えられていて。一定時間(1時間弱)で「記録の石が効力を無くしたので集めたデータを提出しにきてください」と出口に誘導されます。

全部で40種類の動物が図鑑に登録されるらしいのですが、子供達は2人とも21種類の動物を登録していました。二人とも負けず嫌いなので、同数でよかった…。

概ね満足できたのですが、特定の動物の指令が接続の問題で表示されなかったり、人がたくさん集まっている箇所だと画面が繋がりにくくなってしまったりするところが気になりました。娘はしょっちゅう電波障害を起こしていたようで「お母さん、画面が止まっちゃった〜」十何度も助けを求めにきていました。

最後に記録した動物のうちランダムで1枚動物カードがもらえます。登録した動物が印字されたレシートをレジに持っていくともらえます。

ミュージアムショップも最後にチラチラみたのですが、ショッピングバッグが中々かわいかったです。かわいすぎず子供っぽすぎず。

あとは最近ときどきみかけるコオロギせんべい。もちろん安全なのでしょうが、どうにもチャレンジする気になれなかったり…。小心者な私。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。