椿柄のお着物

最終更新日

そういえば今日は紬を着たのですが、柄はおそらく椿だと思います。はっきりと椿の絵が精密に描かれているわけではないのですが、お花の形や葉っぱの感じが椿ではないかな、と思います。

編集してしまったので見にくいかもしれませんが、椿柄の紬

私は普段、格子模様のような幾何学模様であったり、無地感の御召が好きなので、花柄のお着物っていただいたものしかないんですよね。
でもこの紬はとても気に入っているので、サイズは合わないのですがちょくちょく着ています。
着丈や身幅はなんとかできるんですが、裄丈があっていないのがネックですね。でもこれはきらっく で調整することができそうです。きらっく についてはまた別記事で取り上げたいなと思っています。

さて、お着物の場合、花柄は季節によって着る時期が決まっていると聞いたことがあります。その花が咲く季節が始まってから開花するまで、というのが粋な時期と言われていますね。桜が咲いている真っ盛りに桜柄のお着物は野暮、と言われているらしく、それを聞いて花柄のお着物や帯を手に取れない臆病者の私。
とはいえ紫陽花は浴衣の模様にも描かれていて紫陽花が終わった夏にきても大丈夫だったり、朝顔柄の浴衣は夏真っ盛り、朝顔の真っ盛りに着ても大丈夫ですよね。
なかなか花柄は奥が深いです。。。

それはそうと椿の柄ですが、椿柄はいつ頃から着ていいのでしょうか?なんとなく、椿は冬の寒い時期の花というイメージですよね。
で、調べてみると、椿というのはたくさんの種類があって、早いものですと9月ごろから5月くらいまでなにがしかの椿が咲いているらしく、椿柄のお着物はまあいつ着てもいいみたいです。

ただ、茶花として椿はよく飾られるお花ですので、床の間に飾ってある花にお着物や帯がかぶってしまうのをあまり好まないので、茶席などの席では椿柄の置物や帯は避けたほうが無難かもしれませんね。
まあ私の場合、このお着物は紬なので茶席にきていくことはないので安心です。お稽古は指導者の方によるかもしれません。着ていっていいかはお稽古の先輩や先生に伺ってみてくださいね。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。