着付け教室の最終日

最終更新日

今日は通っている着付け教室の上級コースの最終日でした。一応ここまで終了するとお着物をキレイに早く着られますよ、という着付け教室のお墨付きがいただけるそうです。
とはいえ、別にお免状がもらえる、というわけではないのですが。

着付け教室の先生方は皆様親切で、こういう時はどうすればいいんですか?という質問にもとても丁寧に答えていただけるし、先生のコーディネートがとても素敵で次に着物を買う機会があればああいった感じのがいいなあ、という一人で妄想する時間もとても楽しかったです。

呉服屋さんの着付け教室ですので、確かに1ヶ月に1回は産直会、という呉服屋さんの取引のある織元さんやメーカーさんがいらっしゃって反物や帯や豪華絢爛なお品を見せてくださる会があります。
もちろん気に入れば購入できますし、お店の皆さんもこんなのいかがですか?とたくさんのお品を体に当ててくださったりして、買わなきゃいけないのかな?とプレッシャーに感じることもたくさんあります。
なので、お着物を着てみたいけど、呉服屋さんの着付け教室だと売りつけられそうで怖い、という気持ちは間違ってないです。なので、まあついついその時の流れで断れない、という気の弱い優しい方はよくよく気をつけたほうがいいのは事実です。

とはいえ、着物を着たい、という場合、着物を着るためのものがないとお話にならないので(レンタルで時々着られればいい、という方は着付け教室に行っても忘れてしまうので、都度着付けをだれかに頼むのがいいのかな、と思います。)

着付け教室が向いてるのは日常的にお着物を着る機会がある方、着たいという気概のある方、と思います。
やっぱり着物を着るのはめんどくさいですからね。どんなに上達しても洋服よりは時間かかりますし、お手入れも干して水分を飛ばしたり、汚れたら洗濯機で洗えないので専用のクリーニングに出さなければいけません。

それでも着物を着ると着始めから着終わるまでに気持ちが落ち着いて着ますし、着終わった後の鏡に映る自分はいつもよりちょっと美人になったような気がします。気分の問題ですけど。

それにお値段が張るものですので、一度にたくさんは買えない分一回一回真剣になり、これは着る機会があるのか、それともただ美しいと感じているだけなのかをきちんと吟味するようになります。

なので、私がこれまでに購入したものは御召や小紋、紬といったカジュアルなものばかりですが、買ってから一度も袖を通していない、というものは幸いながらありません。

また、帯もあの着物とあの着物とあの着物に合う、と頭でコーディネートしながら選んでいるので、帯も着物も数は少ないながらたくさんのバリエーションがあり、毎回選ぶのが楽しいです。

なので、友達に気軽にお着物始めようよとは勧める気はあまりないのですが、これから着物生活をして見たい、という方にはとっても楽しい世界なので、ぜひ頑張って見てください、と言いたいです。

着付け教室では一通りのカリキュラムは終わったのですが、これからは卒業後、着物を着る機会を作る意味合いでの復習コースがあるので、時々それに参加してみようと思っています。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。