9月の着物

最終更新日

すっかりご無沙汰してしまいました。

さて、9月に入り、本日重陽の節句を迎えて暦的には夏物は今日まで。明日からは単衣を着る時期になりました。

とは言え、まだまだ最近は暑い日が続いているので、とてもじゃないですけど単衣は辛いかな、という気もしますね。

私は肌着に麻素材のをきて、インナーにたかはしきもの工房さんの「麻子」を着て補正と汗対策を兼ねているのですが、とにかく脱いだときに肌着と中に入れたタオルが汗を吸ってびちゃびちゃだったりします。

補正をしないとこの汗が長襦袢や着物にうつっているかもしれないと思うとぎょっとしてしまいますね。

とは言え、5月6月は外出自粛期間だったので、あまり単衣を着ることができなかった分、9月は単衣を着たいですね。とっても素敵な紬の単衣をお仕立てしていただいたので、着ないともったいない。

先週着付け教室およびお茶のお稽古に行った時のお着物は流石に暑くて紋紗を着て行きました。帯もそれに合わせて夏用の絽の帯。
今週はお着物は紋紗か単衣で帯は八寸博多帯(部分的に羅織りになっているので寒いとき以外なら使えると言われたもの)で行こうと思っています。
でも夏はお着物がとても涼しげでいいですよね。夏物のお着物が私は大好きです。着ているとまあ暑いですけど、見た目に涼しげで素敵とお声かけいただけるのはとっても嬉しいです。

9月のお着物で迷うのはお着物と帯だけではありません。。。

地味に帯揚げと半衿をどうすればいいのか先週からあたふたとしていました。洋服もそうだと思いますが、お着物も季節を先取りするのがおしゃれ、という傾向があるみたくって、いつまでも夏とおなじだとやっぱりあまり良くないそうです。
あまり気にしない場合は9月も絽の半衿、帯揚げでいいようです。帯締めはもともとあまり季節関係ないですけどね。レースの夏用の帯締めはまだ使えるようですよ。
ただ、ちょっと季節の変化を見せたい、という方は絽縮緬、楊柳といった透け具合の少ない生地を半衿にすると良いそうです。
帯揚げもあまり重い感じのものでなければ袷用のを使ってもいいとか。薄めの素材、淡い色合いといった感じでしょうか。

あとは手っ取り早いのはレース素材の半衿ですね。レース素材は秋口になっても使えますし、あまり開きの大きくないスケスケじゃないレースがオススメです。

最近は通販で可愛い半衿がいっぱいあって目移りしてしまいますね。つけるのがめんどくさいのできらっくもいいなと思う時もあるのですが、素敵な半衿を見るとこれをつけてあの着物に合わせたいなどとイメージもふくらむので多少手間でも自分でつけるのも楽しいですね。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。