銀座太鼓

最終更新日

着付け教室で今日は銀座太鼓の練習をしました。
銀座太鼓はカジュアルな帯の結び方です。でもお太鼓よりもボリュームも出て、帯枕も使わず、涼しげでかっこいい結び方です。

レッスンで一緒になった方の一人にとってもかっこいい方がいて、彼女の銀座太鼓は本当に粋でかっこよくってとても着付け教室の生徒さんとは思えません。
もう着物何年も着てて着慣れていますよ〜というこなれ感があって素敵なんです。憧れちゃいます。

銀座太鼓は名古屋帯で練習しました。ポイント柄だと柄がうまく出なくて初心者には難しいということで、博多の全通帯で練習しました。博多だと帯自体がしっかりと張りがあるので、羽の部分がくたっとしなくて初心者でも綺麗に仕上がりますね。

一重太鼓の結び方と1本目の仮ひもは一緒で、そこからすぐに手先を後ろに回して2本目の仮ひもを結ぶというのがお太鼓とは違うところでした。
帯枕もぺったりした(レッスンではおしぼりタオルとガーゼで作りました)感じので、背中に何かが当たってる感が少なくって快適。
ただ、その分帯枕をぎゅっとしっかり閉めないと上のカーブが綺麗に決まらないそうなので、そこは大切なポイントですね。

銀座太鼓はカジュアルな結び方なので、帯締めはあんまりフォーマル感ないものの方がいいかもしれませんと先生がおっしゃっていました。平組や三分紐みたいなものの方が粋な感じに仕上がりそうです。
お茶の時は銀座太鼓は控えた方がいいようなので、遊びのお出かけ時に帯留めを使って結んでみたいなと思いました。

帯揚げもあまり膨らまないタイプのものの方がピシッとしていいかもしれません。縮緬地の帯揚げだったのですが、膨らんでしまって綺麗におさまりませんでした。これからの課題ポイントですね。

銀座太鼓、お太鼓とは違ってちょっと帯に遊び心や動きが感じられて素敵な結び方ですね。忘れないように練習の機会も兼ねて夏休みもお着物を着るようにしたいと思います。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。