お着物箪笥の整理

最終更新日

みなさん、いまつけてるマスク、どれくらいの時間つけていらっしゃいますか?
私はほとんどマスクをしていない生活をしていますが、それはマスクをつけていた頃、マスクと肌の摩擦で乾燥肌、湿疹が悪化したことが原因です。長時間のマスクはつけているだけでも肌荒れの原因になるんですね。
加えて、今は夏で気温が高く、湿度が高く雑菌が繁殖するには最適の季節。長時間つけていたマスクは湿度も温度も高くなっていますし、皮膚が剥がれて付着している可能性もありますし、おしゃべりしたり咳をしたり、呼吸をしたりで唾液が付着している可能性もありますね。
あなたのマスク、清潔ですか?

さて、そんなことを想像していると真夏にマスクって衛生面でどうなのかしらと疑問を持ってしまいますが、気温と湿度は着物にとっても大敵です。
先日着物箪笥の整理をしていたら湿気取りの湿気を取る粉末が全部ゼリー状になっていたので新しい湿気取りに交換しました。
十分扇風機の風を当ててエアコンを除湿モードにして風を通したつもりなのですが、やはり先月の長雨で湿気は溜まっていたのですね。桐の箪笥でも限界があったようです。

今日はとても気持ちよく晴れていた上に1日フリーの日だったので、陽の当たらない部屋にお着物をかけて風を当てていました。まだ数枚しかできていないのでまだまだあと何日かやらなきゃいけないですが、水分が少しは抜けているといいなあ。

昨年からお着物を始めましたが、なんとか1年を通して着物を着る、ということができる箪笥になってきました。

もちろん数は多くなく、帯揚げも夏用の帯揚げはなんとまだ1枚しかないとか、茶道をやっている割に色無地を一枚も持っていないとか、そういった多少困った部分はあります。
でも袷、単衣、夏物それぞれ一枚以上のお着物があり、帯もそれに対応したものがある。お着物でお出かけをしたいと思ったらなんとか用意できる状況になってきたのは本当にありがたいことだなあとしみじみと思いました。

呉服屋さんやネットショッピングではたくさんの種類のお着物が並んでいて、まだ数の多くない私はあれもこれも買わなければいけないのかと思ってお財布と物欲と収納場所とのバランスに苦しむことも多いのですが、焦らず、出会いを待つのも必要だなあと思うようになりました。

私に必要なものなのであればきっと必ず私の元にくる、と信じて新しい着物との出会いを楽しみに待ちたいと思います。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。