羽織が好き

最終更新日

夏は特に上物は羽織が好きです。羽織はカジュアルようのものですが、道行や道中着と違って屋内でも着ていてもいいので楽なんです。
私は自分で誂えたものではないのですが、うさぎ柄の黒の紋紗(夏用のお召?)の羽織を持っています。夏の羽織は透ける感じもとても可愛いですよ。

素材も反物から誂えるとかなり高価になりますが、レース素材の羽織であれば数万円とリーズナブルなものがありますし、カジュアルで着るのですから、本当に気に入った反物に出会うまではレースの羽織で夏を過ごすのもいいのではないかな、と思います。

浴衣に反物の羽織はちょっと合わないなと思うときでもレースの羽織だと可愛くまとまります。

私もお世話になっている呉服屋さんに「上物はいいものを着ないとダメよ」と言われてよく産直会でいろいろな反物を合わせていただいているのですが、上物は揃えないとな〜と思いつつたくさん作るものではないので絶対これ!と思える出会いがあるまでは待とうと思っております。

羽織で何よりも好きなのはシルエットです。すとーんと落ちる感じ、そして帯のあたりで少し膨らんで自然なコクーンシルエットになるのがなんとも女らしい。
肩のラインも私はハンガー肩なので着物を着てもなかなかなで肩にはならないのですが、さすがに羽織を着るとなで肩になります。
それがなんとも女らしくて素敵なんですよね。

羽織紐はいただいたときについていたものをそのまま着ているのですが、黒の羽織なのでいろんな色に変更して楽しめそうです。

まだお着物初心者であれこれ必要なものを揃えるので精一杯なのですが、そのうち余裕ができて着たら羽織紐をお着物に合わせてコーディネートしても楽しそうだなと思います。

もし冬用の羽織とかを購入したとしても羽織紐は付け替えができるのであれこれ好きな色、着物や帯、帯締めと合わせた色、と集めてみたいです。紐も組紐だけでなくビーズアクセサリのようなものもあってとても可愛いんですよ。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。