下駄をすげていただきました

最終更新日

今日は午前中に美容院に行ってきて、帰りに月島によったのですが、月島商店街で「あづまや履物店」という履物のお店にいって下駄を作っていただきました。

商店街の一角にある小さなお店なのですが、所狭しとたくさんの種類の履物(サンダル、草履、下駄、雪駄)が並んでいて、面白かったです。

ご主人も奥様も気さくでお話好きな感じの方で、初めて伺ったお店でしたがとても気楽にお品を見る事ができました。

草履も作ってくれる感じだったので今度また見にいきたいです。

今下駄は浴衣用と雨が結構降る日用のが欲しいなと思っていたのですが、とりあえず今回は浴衣用のカジュアルな下駄を一足選びました。

台と鼻緒を選んで、その場で作ってくださいます。私は既製品ではない下駄を購入するのは初めてだったので、ご主人が下駄を仕上げていく姿をずっと見てしまいましたが、手慣れた職人さんの流れるような動きってなんかやっぱいいですよね。

台は高右近(右近型でやや厚底。かなりオシャレ感があります)、鼻緒はひょうたんの柄の入ったものにしました。台のサイズはSとMどちらでもいいと言われたので迷いましたが、基本的に浴衣や夏着物に合わせるのでSサイズにしました。私は足のサイズが22センチなのでどっちでも大丈夫だそうです。

こちらが出来上がりです。
白地に紫と黄色、ピンクなどのひょうたんが描かれているんですよ。
かわいいですよね。
派手な感じもしますが、白地なので結構いろんな浴衣に合わせられそうだなと思っています。

ご主人がすげてくださったのですが、さすがというか、足を入れるまではあれ、ちょっときついかなと思ったんですけど、入ったらすっとはまって固定される感じがなんとも気持ちよかったです。
ちょっと立って歩いだだけですがフィット感がよかったです。
何より、鼻緒のデザインが可愛いですよね。なかなか既製品では好きな感じの鼻緒に出会えないので、初めてですが伺ってとてもよかったです。

持っている草履の底のお手入れも持ち込みでやっていただけたり、下駄の底がいたんだら底にはるクッションも売ってくださったりするようなので、また履物に関して困る事があったら伺いたいなと思います。

今年はやはり浴衣を着てお出かけする機会も少ないし、コロナが始まった頃は卒業式、入学式などの式事もほとんどキャンセルになってしまったので、なかなか大変だとおっしゃっていました。

次は雨の日用の雨下駄を見に行きたいなあと思います。雨用の草履でもいいのですが、なんとなく雨下駄の爪皮とかの感じが好きなんですよね。今の所はカレンブロッソのカフェぞうりに頑張ってもらいます。

これに合わせて浴衣も着たいなあ。高右近でいい下駄なので足袋を上に履いても良さそうですね。素足でも焼の台なので足の跡がつかなくて良さそうです。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。