半巾帯の結び方をもっと知りたい

最終更新日

先日竺仙さんで浴衣の反物を購入した際に、麻の半巾帯も一緒に購入しました。

浴衣はいつもお世話になっている呉服屋さんにお仕立てをお願いして9月に仕上がるとのことだったのですが(なので今年は着れません、残念)、半巾帯はすでに夏着物や浴衣に合わせて活躍しています。

竺仙さんで買った半巾帯は青と生成りのリバーシブル。どちらも無地なので、柄物の浴衣とも相性が良いです。
今年購入した撫松庵さんの浴衣が金魚と流水の結構柄が鮮やかなものだったので、無地のものがいいなと思っていたらちょうどいい色合いの帯だったので購入しました。
しかも、竺仙さんの半巾帯は結構幅が広めなので、帯結びが華やかになるのが素敵です。帯締めと帯揚げをすれば前からみると半巾帯ではなく普通の麻帯をしているように見えます。(実際羽織を上に着ているとわからないみたいです。羽織を脱いだときに呉服屋の女将さんに半巾だったのね〜と驚かれました。)

ところでこの半巾帯ですが、なかなかに帯結びが難しいんですよね。文庫結びなどはたれがないので着物や浴衣を綺麗に着付けていないとおはしょりやおしりのあたりのごわごわが目立ちます。また、前で結んで後ろに持っていくのですが、綺麗に持っていけないとせっかくの衿元がゆがんでしまったり。
半巾帯はお手軽にできるようでいてこだわりだすとかなりのセンスと技術が要求されます。

私はタレがあっておしりとおはしょりをカバーできる矢の字結びが好きです。結び方は貝の口に少し似ていて、慣れると結び方も簡単です。
帯揚げ、帯締めもつけられるので前からみると普通の帯を締めてるように見えるのも嬉しいです。
私は帯締めが好きなので、帯締めを合わせられるのがとっても楽しいんです。

あとはリボン結びをして長くなったタレ先を帯にまたくるっと入れてまとめるリボン返しとかも簡単だけど可愛いです。

半巾帯の結び方はたくさんの着物の先輩方が動画をあげてくださってるので、時間があるときにチェックしてお気に入り登録しています。他にも本でも半巾帯のアレンジの本はたくさん出ているので読んで見たいです。

そのうち、夏用の麻だけでなく、秋冬春に使える半巾帯も探して見たいです。茶道のお稽古にはつけていけるかな?どうかな?

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。