浴衣の下の肌着

最終更新日

夏ですね。今年はお祭りやビアガーデンなど、浴衣を着てお出かけするイベントはほとんどなくなってしまったので特にお出かけする予定のない日は浴衣を着ることが多いです。

浴衣の下には着物の時と同じようにwafureさんの「肌ジュパン」という下着を着ていたのですが、今年買った浴衣は白地にアクアブルーの金魚が描かれているもので、黄色の肌着が透けてしまいました。
透けてるのは透けてるのでおしゃれに見えるかもですが、私の個人的な好みではあまり透けて欲しくないなあということで、下着を違うのにしようと夏着物の下着にした麻の裾除けと麻の肌襦袢(上半身)を下に着ることにしました。
なんとなく、着物だと「肌ジュパン」→長襦袢→着物と3枚着ていたので、どうももう一枚着なくていいんだろうか、という不安もあったりするのですが、浴衣は涼しく着た方がいいかと思うので、キャミソールの上に裾除けと肌襦袢を合わせて浴衣を上に着ています。

浴衣は全身覆っているのでまあ気温の高いところでは暑いのですが、時々風が吹くと布の間に空気が入って着て涼しくなるのがとてもいいですね。
とはいえ暑いと脚を伝う汗が気持ち悪かったりするので、裾除けをステテコに変えたほうが涼しいのではと思っていますが、見た目よりずっと着ている方は快適だったりします。

綿絽なので半衿をつけてもいいのでしょうが、私は半衿なしで着ています。夏着物は夏着物で持っているので、浴衣で出かけられるところには浴衣の装いでお出かけしようと思っています。

浴衣のインナーですが、私は普段着物を着るので着物用の下着を持っていますが、普段着物を着ない方ですと、結構下着選びは大変ですよね。

和装用の下着があれば一番ですが、もしない場合は、ブラはなるべくノンワイヤーのもの、スポーツブラやブラトップを着用して、スリップやキャミソールやペチコートを着ると良いかと思います。できれば五分丈の下着を着れるとベストですけど、襟ぐりが詰まってると衣紋を抜いた時に見えてしまいますからね。。。

あと、白っぽい浴衣をお召しの方は透けにご注意ください。最近の浴衣は昨今の温暖化に対応して布地が薄くなっているそうですので、白地の浴衣をお召しになるときは結構透けます。
お昼間のお出かけやライトの明るい場所へのお出かけの時には足元が透けて丸見えになってしまって恥ずかしい思いをしてしまうかもしれませんので、薄目のお色の浴衣を持っていらっしゃる方は裾除け、ステテコを用意すると良いかと思います。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。