着物の悦び きもの七転び八起き

こんにちは。今日も着物関連で私が読んだ本を紹介していきたいと思います。

林真理子さんの「着物の悦び きもの七転び八起き」です。林真理子さんは作家さんで、メディア出演もよくされてますし、かつ数数のエッセイ本を拝見する限り華やかな場所に行く機会がとても多い方ですから、訪問着や総柄の小紋をお召しになる機会がとても多そうですよね。

そのイメージに違わず、かなり文章から高級そうなお着物を多数お持ちでいらっしゃる様子がつたわりました。

林真理子さんは背が高くてお着物姿が迫力がある方ですので(紅白の審査員のときの記憶)、古典柄や伝統の文様がよくお似合いになりそうですね。

私とはお着物の趣味というか、似合う着物の傾向が全く違うので、買ったお着物やお召しになったお着物に関しては、林真理子さんはこういうのが好きなんだーと感心して読みました。

呉服屋さんやデパートの呉服売り場でのお話はまさに自分が経験した部分と重なる部分もある一方、自分の体験とは違う部分もあって、まだ私が着物の世界のほんの入り口にいるだけなのか、この本が書かれた頃からは時代が変わったのか、どっちかなと思いながら読み進めました。

私は彼女のようにお着物を100枚以上所有するということはおそらくないので、数あるお着物と帯を組み合わせを考えながら着る、ということになるのでしょうが、お金に糸目をつけずに欲しいものを欲しいままに買える方というのはこういう買い方をするんだあとなんだか違う世界を垣間見た気分です。

私もいつか欲しいな、と思っているお着物があるのですが中々高価で手が出ないのですが、こういう財力のある方がたくさんお着物を買ってくださることで、技術を後世に伝えることができたり、中古品として手軽な価格帯で出回ってくることがあったりするのかな、と。

なので、ぜひ林真理子さんには引き続き着物業界の将来のためにたくさんお着物を誂えていただきたいなと思いました苦笑。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。