着物を着ててよかったなと思うこと

最終更新日

こんにちは、なかなか更新の頻度が上がらずごめんなさい。着物初心者として、どういった記事が皆様のお役に立てるのかなかなかわからず。。。どういった記事を書くと皆様に楽しんでいただけるのか、日々勉強中です。
すなおさんのYouTubeや山崎陽子さんのInstagramみたいに皆様の目を楽しませることができるといいなと思っているのですが。。。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、去年の10月にお着物生活に憧れて着物を着る生活を始めて見たのですが、現在は土日の週2回を日中着物で過ごしています。
理由は簡単です。土日は旦那さんが家事をやってくれるのでお昼ご飯の準備をしなくていいからです。割烹着は持っていますが、なかなかお着物を着て料理をする勇気はまだありません。。。

着物を着ていてよかったなと思うのは、やはり旦那さんや子供、友達にお着物を着ていくと喜んでもらえることが大きいですね。
もちろん自分自身が自分の着物姿を気に入っているというのもありますが、お着物を着たときに旦那さんに「いいね!」と喜んでもらえて、素敵なお着物の場合は写メを撮ってくれるのですが、そういう旦那さんの姿をみると着物きてよかったなあと自分も嬉しくなります。
ノロケ話で申し訳ないですが、旦那さんはたまーにですが、家に綺麗な奥さんがいて嬉しいというようなことを言ってくれるので旦那さんのために着物着てあげようとか思っちゃいますね。


子供達もお着物を着ているとはしゃいでくれます。それはもうお着物をタンスから出しただけで「今日はこのお着物着るの?」「じゃあ帯はこの間つけてた白っぽいのがいいんじゃない?」といっちょまえにコーディネートのアドバイスをしてくれることも。
着付けの真っ最中にも何度も何度も様子を伺いに着てあとどれくらいかかるの?とか今日の着物綺麗だねえ、と言ってはリビングに戻って行きます。
息子は何だか小さい恋人みたいで可愛いですよ。いつかお母さんにお着物買ってあげるね!と言っていますが、そんなお金あったら彼女になんかプレゼントしてとおもいつつ、じゃあお願いねえというと息子もにんまりしてます。
娘はいつか自分もお着物着たいと言って綺麗に着てね!と言われます。七歳の七五三の時にはお着物を着ると今から気合いが入っています。

後は着物を着るのって洋服のように簡単にはできないですよね。私は今だに1時間弱かかります。でも肌襦袢を着て、長襦袢を着て、着物を着て、帯を締めて、と一つずつ重ねていくことで、気持ちも整っていくのを感じます。
今日も1日家で過ごすし、家でダラダラしてよーって思っている時に会えて髪をセットして、お化粧もして、着物を着付けて、ってやっていくと、そのうち今日はあれをしよう、これをしようと、何だか前向きな方向に気持ちが向かっていくんですよね。
お出かけが自由にできていた時は、子供達が学校や幼稚園に行って、夫も仕事に出かけて家にぽつねんと一人でいると、さあ二度寝しようとなってしまいそう(私はめんどくさがり屋なので)。
でもそこであえてお着物を着ると、せっかく着物を着たんだし、銀行に行くか、とか、ちょっと銀座とか丸の内まで足を伸ばしてみようかな、とかアクティブになれました。

多分、朝、これをやると1日のスタートが気持ちよく切れる儀式ってそれぞれの方に色々あるかと思うんです。
コーヒーを飲む、とか、朝のメイクをバッチリする、とか、ブログを一本書く、とか、勉強やヨガをする、とか。
いわゆる朝活ですね。
私にとってはお着物がきっと朝活になっているのだろうな、と思います。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。