いただき着物

私は着物生活を始めて、まず実母と義理の母に着物を着始めたと相談しました。そしたら二人ともいくつか私に着ていない着物を送ってくれたので、お着物一年目にして一張羅ではない着物生活を送れています。

ただ、いただいた着物は自分のサイズとは違うのでやはり誂えた着物と比べると工夫が必要です。

身幅や着丈はなんとか腰紐の位置や左右の合わせ方で工夫ができるのですが、裄丈と袖丈は着付けの工夫でどうにかなるものではないのでどうしようもないですね。

裄丈は今のところ着姿がアンバランスに見えるほど長すぎる、短すぎる、というのはないのでなんとかなっているのですが、今の目下の悩みは袖丈が長い場合ですね。

私の場合袖丈は長襦袢も着物も49cm。実母は袖丈が短めでしたが、長襦袢は袖の中に収まるのであまり問題なし。義理の母の袖丈は50cmと若干長いんです。

1cmの違いってあんまり気にならないと思われるでしょうが、実際に着てみると長襦袢が振りからはみ出してしまって、見た目にあんまり綺麗じゃないんですよね。。。

お直しに出すほど大好きって柄かと聞かれると悩んでしまいますが、かと言って着ないのももったいない。。。

今の時間があるときに少しずつ自分でちくちくお直しするか、着るたびに安全ピンで長襦袢と着物を留めるか。

ちょっとしたことですが気になることでした。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。