浴衣っていつから着るの?

最終更新日

こんにちは、本日も無事朝を迎えられたこと、嬉しく思います。ちょっと前まではこんな風に朝起きるだけで尊いなんて思わなかったなあと思いつつ。今日は早いですが浴衣について書いていきたいと思います。

浴衣はもともと湯上りに楽に過ごすためのくつろぎ着だったこともあり、本来でしたらお出かけにはあまり向かないものです。洋服でいえばTシャツ短パンみたいなものです。
外国ではドレスコードがあるお店はTシャツと短パン、サンダルでは入店を断られてしまうこともありますよね。
本来浴衣はそういった位置付けなのですが、最近は浴衣でも綿縮や綿紅梅といった高級感を感じさせる織物で仕立てられたものもあるのでものによっては帯を名古屋帯にする、半幅帯でも帯揚や帯締めをする、足袋を履くなどで格を上げることでちょっとしたお出かけには浴衣を着ていくこともできます。
ただ、他の方が夏用のお着物を着ている中に浴衣を着ていくと、いくら着物風に着てみても違和感が出てしまうので、お出かけの際にはどういった場所に行くのか、他の方はどのようなものを着て行くのかを確認したほうが無難ですね。
浴衣を着られる時期についてですが、6月から9月です。東京は浅草での三社祭りが開催される5月中旬以降になったら浴衣を着て良いと言われています。
ただ、着物の暦的に単衣にもなっていない時期ですので、浴衣を着るにしても夕涼みやビアガーデンなど、限られた場面にしたほうがいいでしょう。ショッピングや街へのお出かけに浴衣を着るのはやはり6月から9月のほうがいいのではないでしょうか。

浴衣でホテルに食事に行ったり、美術館や音楽会に行ったりもできるようですが、やはり浴衣はくつろぐためのものですから、改まった雰囲気の場所であれば夏の着物にしたほうがTPO的には間違いがありません。
もし、浴衣で行きたいな、と思うのであれば、行く先のホームページを見て浴衣で行っても浮かない場所か確かめたり、電話で直接聞いて見たりするのでもいいでしょう。

浴衣は肌襦袢の上に着ることができるため、とても涼しくて気持ちいいですよね。綿や麻でできているものは自宅で洗濯することもできるので、いつでも清潔に身につけられるのも魅力です。
夏着物は透け感のある薄い生地で仕立てられてはいますが、肌襦袢、長襦袢、着物と重ねて着るのでやはり暑さは感じますからね。
お祭りや街歩きで浴衣を着た女性を見かけるとやはり日本の夏、といった感じでウキウキしますし、涼を感じますよね。
ぜひ、今年の夏は浴衣を着て楽しんでいきたいと思います。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。