着付け教室も中止に

最終更新日

みなさまおはようございます。本日も記事を無事アップできたことを嬉しく思います。お元気にお過ごしでしょうか。

昨日、着付け教室のスタッフの方から着付け教室を今月いっぱいはお休みにするとの連絡をいただきました。楽しいことがどんどん中止になっていきますね。

おうちで過ごすときも時々お着物を着ていますが、やはり木綿や化繊、ウールなどのお手入れしやすい素材と半幅帯の組み合わせが手軽ですね。長襦袢にも洗濯できる化繊のものを選んで数回着たら洗濯しています。

お着物を頻繁に着ていると半衿を付け替える手間がありますが、半衿は都度付け替えてはいません。一度つけたら何度か着て、そのあと長襦袢を洗濯するときに外しています。

私は半衿をつけるのが苦手で3時間くらいかかっていたのですが、自宅待機で時間があることをいいことに、単衣の襦袢、お洒落着用の袷襦袢、お茶のお稽古用の長襦袢、普段着用の化繊襦袢全てに半衿付けをやっていました。

ずっとちくちくお裁縫をやっていると余計なことを考えずにすみますし、きれいなレースや刺繍の入った半衿を合わせるお着物や帯のことを考えるだけで少し心が癒されるというか、次に着るときのことを考えると気分が上がります。

とはいえ、気が滅入っていて、こんな綺麗な半衿つけても今度いつ着られるんだろう?こんなことやっても無駄なんじゃないかなと落ちて行く日もあるので、そういう日には無理にやりません。

子供達の学校も無事に登校できるようになるのはいつになるかわからない状況です。子供達は毎日Z会を勉強して、家族みんなでゲームをして、家で毎日できることを淡々とやって行く毎日ですが、どうやって新しい環境に適応していけばいいか模索中です。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。