帯について

最終更新日

お着物については少しずつお話ししてきましたけれど、お着物にはお着物の他に帯がとっても大切ですね。帯には袋帯と名古屋帯、半幅帯帯といった種類があります。それらの違いについてここではお話ししていこうと思います。

帯の種類

帯には袋帯と名古屋帯、半幅帯の3種類があります。それぞれ長さ、仕立て方に違いがあり、格やつけられる場面が異なります。

袋帯

袋帯は幅は約31センチ、長さは4メートル20センチ以上あり、二重太鼓を結べるように帯の中では一番長く作られています。元々は倍の幅で同じ長さ織ったものを半分に折って袋状にしていたようですが、現在は同じ大きさの裏地を合わせて両端をかがって仕立てられています。
金銀箔を豪華に使い、錦織、唐織、綴織といった高度な技術を用いて織られた帯は礼装用で留袖や振袖、訪問着といった礼装に合わせるのですが、洒落袋帯という金銀を使わず(もしくは控えめに使っていて)織っていたり、染めの生地を使って仕立てられたりした帯はカジュアル用に用いることができます。
ただ、二重太鼓はそれだけで上品さが出るのでカジュアルとはいえ、よそいき用のおしゃれをした時に締めることが多いでしょう。

名古屋帯

袋帯の二重太鼓を簡略化し、より簡単に締められる帯として作られたのが名古屋帯です。仕立て上がりの幅は約31センチと袋帯と同じですが、長さが3メートル50センチと短くなったために締めるときに扱いやすくなるため、私は名古屋帯を愛用しています。
名古屋帯には9寸名古屋帯と8寸名古屋帯の2種類があるのですが、これは仕立て方の違いです。

9寸名古屋帯は帯のお太鼓の部分は31センチ幅になっているのですが、胴体に巻く部分は半分の幅に縫い閉じてあります。なので袋帯と違って半分におる手間がなく締めやすいです。
中に帯芯を入れてしっかりと仕立ててあるものは帯を締めるときに曲げたり引っ張ったりしてもへたれずシワもよりにくいので綺麗にきまります。
9寸名古屋帯は京都で仕立てられる帯が多いです。染めの生地、織の生地両方ありますが、色柄の感じが上品なものが多くお茶のお稽古などでは9寸名古屋帯を選ぶと失敗しないでしょう。

8寸名古屋帯は博多帯が有名で、織の生地で帯芯が入っていません。そのためしっかりした地厚な織帯だととても締めやすいです。袋帯と違って裏地もなく、縫い代もいらないのでテ先のみかがった松葉仕立てであとはほとんどお仕立てなく織りあがった状態で使用します。
(9寸の場合中に帯芯を入れて合わせてかがるので縫い代分1寸広めに生地をおります)
博多帯はとてもシンプルでカジュアル向きです。紬や小紋にぴったりです。

半幅帯

幅が約16センチ、長さは3メートル22センチ以上。袋帯や名古屋帯は胴に巻く部分は半分に折るのですが、半幅帯は仕立ての状態ですでに半分の幅なので半分に折る必要はありません。
長さは半幅帯の結び方はバリエーションが豊かで、文庫結びやリボン返しはアレンジで結び目を大きくするととても可愛くなるので、最近では帯の長さは結構長いものも多いです。
カジュアルな装いや浴衣にぴったりな帯です。帯枕、帯揚、帯締がいらないので簡単に締められます。特に帯枕がないと背中部分が痛くなりにくいので楽ですよ。
あまりお出かけの予定はないけど着物着たいと思ったときに半幅帯で着物を着るとこなれた感じがあって素敵ですね。

帯は全体の印象を決める上でもとっても大切な要素ですし、帯が締めやすいと着付けが一気に楽になります。帯を締めるのに苦戦しているとえり合わせがいつの間にか崩れていたりおはしょりの部分が汚くなっていたりとせっかく着付けたのになんかイケテナイ、となってしまいます。
昔の人は「菰を着ても錦を巻け」と言ったくらい帯にはこだわりがあったそうですよ。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。