着物って年中着られるの?−季節によって着物のお仕立てが違います−

最終更新日

着物って一見すると年中同じ形だから、年中同じものを着ているのかと思う方も多いのではないでしょうか?(そう思ってたのって私だけですか?)
実は着物は季節によって裏地がついたりつかなかったり、はたまた着物に使う布地が違ったりと夏は涼しく、冬は暖かく着られる工夫がされているんですよ。今回は袷、単衣、夏物にフォーカスしてご紹介して行きますね。

着物の種類−季節編−

着物は季節によってお仕立ての仕方が違うんです。

  • 10月から5月にかけて着る袷
  • 6月と9月に着る単衣
  • 7月と8月に着る薄物(夏物)

の3種類があります。

袷とは

袷は簡単にいうと裏地のついたお着物です。
着物の胴体部分(胸背中)の裏地を胴裏、裾部分の裏地を八掛と言います。
お洒落さんは八掛の色にもこだわりがあります。八掛に刺繍や模様が入っているとペラっとめくれた時になんか上級者感が出ますね。
私はコンサバなので控えめな色を選んでいます。
ちなみに胴裏は白です。お下がり着物で時々黄ばんでいるのもありますが、元々は白かったのが日焼けしたり湿気や汗で黄ばんだんですよ。
あまりに気になる場合は胴裏を替えてもらえるので悉皆屋さんに持っていってみてください。

単衣

単衣は袷と同じ生地を裏地なしで仕立てたお着物。
裏地がなくなった分若干涼しくなります。
裏地は滑りのいい素材を使うので袷の場合はザラザラした風合いのお着物でも大丈夫なのですが、単衣の場合は滑りのいい素材にした方が裾さばきがエレガントになります。
6月と9月の季節の変わり目に着るお着物ですが、最近は暑いですからね、5月の連休明けくらいから普段着であれば着始めても問題ないと言われています。
早い人は4月くらいで着ている方もいるみたいですよ。4月でも暑いなと思う日はありますからね。
そして10月になっても単衣を着る方もいるみたいです。でもお洒落は先取りするものと言われているので、10月はそれほどズルズルと単衣を着ないほうがお洒落かもしれませんね。暑いけど。
茶会などのフォーマルな会、季節を重んじる会の場合は頑張って袷を着てください。

夏物(薄物)

文字通り、薄い生地で仕立てられたお着物です。
透ける生地ですね。透け方によって名前が違います。
横段だけ透けるように作ったのが絽(ろ)。
縦横両方透けるように作ったのが紗(しゃ)。
縦横両方透ける部分と透けない部分があり柄になっているのが紋紗。
紋紗は透けない部分があるので6月から9月まで着られますが、絽と紗は7月8月です。
他に夏のお着物としては麻素材のお着物や浴衣もありますね。
麻素材はとても涼しくて自分でお手入れできるのが魅力です。
ただしカジュアル限定ですが。
浴衣もものによっては綿紅梅とか奥州紬などは下に長襦袢を着て着物と同じような着方をできます。

季節のお着物についてとても簡単に書いて行きましたが、どうでしたか?
私も少しずつお着物を増やしていって、皆様にこんなのが単衣だよとか紹介できるようになりたいです。
季節によってお着物だけでなく、帯や帯揚げ帯締めなどの小物類も変化させていく必要があります。
めんどくさいなという気もしますが、色々と取り合わせの妙を考えるのもお着物生活の醍醐味かなとも思います。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。