桜のお着物を着ていい季節は?

最終更新日

桜の花が咲き始めましたね。日本の花といえば桜。桜を見れば日本の桜を思い浮かべる方も多いかと思います。着物にも桜が描かれているものがたくさんあります。そんな桜のお着物、着る季節は決まっているのでしょうか?

桜の着物を着る季節は決まっているの?

結論からいうと、桜模様の着物は通年着ることができます。

桜ちらしなどの桜の花のみを描いた柄のお着物(小紋に多いですね)や帯は季節を限定せず通年着ることができるんですよ。

日本の国花は菊なのですが、多くの人にとっては日本の花といえば桜、というイメージが強いので、桜は季節にしばられることがないそうです。

ですので、桜模様の小紋を持っているけれど、春にしか着られないわ、とがっかりする必要はありませんので、是非たくさん着てあげてください。

とはいえ、すべての桜のお着物が通年着られるかと言うとそう言うわけでもなく、桜の描かれ方によっては季節限定のお着物になってしまいます。

桜の季節にしか着ることができない着物ってどんなの?

桜の季節にしか着られないお着物、それは訪問着に多いのですが、桜の花の他に枝や葉っぱまで描かれていて、「桜が咲いた季節の風景」を描いているお着物です。

こういうお着物の場合、柄を描いた方が桜の咲く季節の風景をこだわって描いたと思われるので、季節に合わせて着るのが粋といえます。

後、茶道や華道といった季節感を重視する和の会の場合は季節外れに桜のお着物は避けた方が無難ですね。

とはいえ、桜柄が嫌いな方ってあまりいないのではないでしょうか。もしお持ちの方は是非積極的に身につけていただきたいです。お着物はみている人にも楽しい気持ちをお裾分けできる素敵なものですので、箪笥の中に眠らせておくのはもったいないですよ。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。