着物の格って何?カジュアル編

最終更新日

お着物生活にはカジュアル着物の方が絶対に重宝します!

礼装のお着物は着る機会が一年の中でも限られてしまうので、普段のお出かけにお着物着たいという方は今回紹介するカジュアル着物を是非オススメします。

カジュアル着物の種類

カジュアル着物を紹介しますね。カジュアル着物は特に記載なくても全部紋なしです。

  • 江戸小紋
  • 小紋
  • 御召
  • 木綿
  • ウール

これらがカジュアル着物といわれているお着物です。

江戸小紋

江戸小紋はカジュアル着物の中でもちょっとよそいき感の強いお着物です。鮫、行儀、角通の江戸三役はかなりかっちりした印象を与えますので、カジュアルとは言っても洋装でいうジャケット、スカート、スラックスといった印象。江戸小紋でも「大根とおろし金」で厄おろし、「六つの瓢箪」で無病息災といったダジャレを柄にした「いわれ柄」はユニークで面白いです。とはいえ、無地感の強い江戸小紋は上品なカジュアルとしてホテルランチや美術館めぐり、観劇などおすまししたいお出かけにぴったりです。

小紋

小紋は京小紋とも言われていて、江戸小紋と区別します。縞模様や花柄、ドット柄、華紋など、たくさんの柄があります。淡目の色使いで柄も小さく、飛び柄(全体ではなく所々柄が描かれているもの)は上品な印象を与えます。江戸小紋のように観劇やかしこまったお席での会食でも好印象です。反対に柄が全体的に描かれていて鮮やかな色合い、は遊び心を感じさせます。ショッピングや気軽なレストランなどに着ていきましょう。帯次第で色々なコーディネートが楽しめて最初のお着物としてオススメです。

御召

御召は織のお着物の中で最も格上。織の金糸銀糸をあしらった豪華な袋帯を締めればフォーマルとしても使えます。元々は縮緬御召と言われていて、既に色を染めた捻の強い糸を使って追っているので生地にとても高級感があります。生地に光沢感があり着心地がとてもいいです。織のお着物で織り方によっては生地に凹凸があって光の当たり方で風合いが変わるのも魅力。織のお着物なので若干の硬さはありつつ、紬ほどではないので、単衣に向いているといえます。

大島紬や結城紬という言葉を知っている方も多いかと思います。その紬です。織のお着物で絹糸を使って追っていますが、その絹糸が美しい生糸というよりは生糸を生産したあとで出てきた糸くず(くず繭)をよって糸にしたものを使っているので、記事をよく見ると所々に凹凸があります。生産地によって製法が違うので〇〇紬と名前をつけられていることが多いですが、どこの紬でもめちゃくちゃ手間がかかっていて、かつ生産者の高齢化、減少によりカジュアルなのに途方も無い値段が付いているものが多いです。着付け教室で産直会で紬を見る機会も多いのですが、これは結婚式には着ていけないよ、と言われるもので値段がコンマ2つ普通についていたりしてヒョエーとなることが多い。でも独特の風合いや大島紬はつるっとしてきやすいなどの理由からとても人気の高いお着物です。カジュアルとしてなら何処へでも着ていけます。まあお値段がお値段なので気楽に着られる度胸が必要ですが。。。

木綿・ウール

昔、着物が普段着として着ていた頃、庶民の愛用していたお着物。私も着物を着る機会が増えて是非一着欲しいと思っているところです。今まで紹介したお着物たちは冬場に着る場合は袷といって裏地をつけますが、木綿やウールはいつ着る場合でも裏地をつけない単衣仕立てで作っています。私の祖母は普段から着物を着ていたのですが、自分で縫っていました。絹のお着物は悉皆といって着物専用のクリーニングにお願いしないといけませんが、木綿やウールはクリーニングに持っていけばよし、物によっては家でお洗濯できるのでとても便利です。

普段のお買い物、散歩に行くときにきていけます。個人的には木綿の着物を着て居酒屋に行ってみたいなあと憧れています。

カジュアル着物は基本的に普段ならどこにでも着ていけるとても便利なお着物です。また、最近では東レシルックのような化繊でも絹のような風合いをもち、かつお手入れはお家クリーニングができる、というとっても便利なアイテムがありますので、気軽にお着物に挑戦して見るのもオススメです。
楽天やアマゾン、他にもお着物専門のネットショップでもプレタのお着物が洋服と同じくらいの値段で買えるので、一度見てみてはいかがでしょうか?

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。