着物の格って何?礼装編

最終更新日

知っておくと便利!着物の格

着物が着てみたい、でも難しい。着物って派手じゃない?下手に着て行ったら着物警察に怒られそう!と不安な方も多いのではないでしょうか?でも、不安に思うことはありません、着物にはいくつかのルールがありますが、それさえ覚えてしまえば基本は好きなものを着ればいいんです。今日はお着物のルール、着物の格の中から礼装について書いていきたいと思います。

そもそも礼装って何?

さて、礼装についてですが、礼装はフォーマルな場に着ていけるお着物で、結婚式や入卒式といった式事、七五三や初宮参りといった人生の節目のお祝い、初釜などの茶会、かしこまったパーティーや集まりといった、洋装ならタキシードやロングガウンを着る様な機会、そこまで行かなくてもスーツやドレスを着て華やかにしていく場所と覚えておけば間違いありません。(例外に喪服がありますが。)

礼装の種類

礼装には以下の種類があります。

  • 黒留袖、色留袖、振袖といった第一礼装
  • 訪問着、色無地、附け下げ(紋付)、江戸小紋(紋付)の準礼装
  • 附け下げ(紋なし)、江戸小紋(紋なし)の略礼装

他にも織のお着物でも御召は色柄によってですが、金糸銀糸を使った華やかな袋帯をつければ改まった席にも来ていけますし、小紋も色柄によっては略礼装までは大丈夫とも言われています。「色柄によっては」というのは、上品な色味で飛び柄であったり無地感であるものということです。主観が入るので自信のないときはやめておくといいでしょう。

では具体的に礼装について説明していきますね

第一礼装

第一礼装は黒留袖、色留袖、振袖の3種類。

黒留袖は結婚式の新郎新婦のお母様がお召になっていることが多いですね。上半身は柄がなく、裾回りにのみ柄が入っている「絵羽模様」が入っていて、柄が縫い目や裾の合わせ目でも繋がっているのが特徴です。上半身には背中、両胸、両袖に紋を入れ、5つ紋で格が最も高いお着物です。格が最上級なので来て行ける場所はかなり限られます。結婚式の新郎新婦の母がほぼ唯一の着る機会というのが一般的。

色留袖は黒留袖と同じく上半身は柄がなく裾に絵羽模様が入っています。留袖訪問着は着物がめくれた時にチラッと見える八掛にも柄が描かれていてとっても華やかですよ。色留袖にも紋は入れますが、5つ紋ではなく3つ紋1つ紋といった入れ方にする方も多いそう。3つ紋1つ紋だと訪問着と同じ準礼装として活躍の場が広がります。

振袖は未婚の方の第一礼装です。成人式に着るのが一般的ですかね。

準礼装

準礼装は訪問着、色無地、紋付の附け下げと紋付の江戸小紋。

訪問着はわかりやすいもので紅白歌合戦の審査員や演歌歌手が着ている、着物全体に渡って描かれている華やかなお着物です。留袖と同じく、模様が全て上を向いていて、縫い目や上前下前の合わせ目でつながっています。金糸銀糸を刺繍に使ったり、色のコントラストを大きく描いた豪華絢爛なものから、やや控えめに柄が描かれていているものまで、幅広い種類があります。

色無地は白地の反物を黒以外の色一色に染めて作ったお着物です。これひとつ持っているとカジュアルでもフォーマルでも帯を変えるだけで対応できる便利なお着物です。昔は一つ紋を入れてフォーマルようにすることが多かったそうですが、紋を入れてしまうとカジュアルで着られないので、紋を入れずに帯で装いの格を変化させるのが最近では多いです。

附け下げ、江戸小紋は下に書きます。

略礼装

紋なしの附け下げおよび紋なしの江戸小紋が略礼装。準礼装と略礼装の区別は正直私もよくわかっていませんが、カジュアルなレストランウエディングとか、結婚式でも親族ではなく友人、会社の同僚として参列するときに使います。

附け下げは模様は全部上向ですが絵羽模様にはなっていないので模様がつながっていないものです。ただ、最近では華やかで訪問着と見分けのつかない附け下げ訪問着というものもあるので、お着物の色柄で判断するのがいいかと思います。

江戸小紋。昔は武士の裃に使われていた色柄で、一見無地に見えるんだけど近づいてよくみると柄があるというお洒落なお着物です。柄によって格が違い、鮫、行儀、角通の三つはとても格が高いと言われています。派手なお着物ではありませんが、あえて江戸小紋を着て入卒式などに出ている方をみると渋くてかっこいいなあと憧れます。

以上がフォーマル着物です。街着やお洒落着としては着ることができませんが、訪問着などは華やかなのでとても人気がありますね。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。