卒園式の着物

娘の卒園式が先日無事執り行われました。

コロナ対応で全クラスいっせいにとは叶わず、半数ずつでかつ必要最小限の内容での実施とはなりましたが、子供達の大切な節目をどのような形でも御祝いしたいという、先生方の想いを感じました。

私も規模が縮小されたとはいえ、娘の卒園式に向けて着付けを練習してきたので、着物を着て参列しました。

卒園式はフォーマルですが、あくまで子供達が主役なので、あまり悪目立ちするのはよくないですので、柄があまり派手すぎないお着物がいいのではないかな、と思います。

お着物の種類としては訪問着、附下、色無地、御召、小紋(江戸小紋などの無地感のものや、飛び柄小紋、色も淡めのもの)が良いと思います。

私はクリーム色の無地感の御召しに銀糸の入った織の袋帯を着ていきました。

帯揚げや帯締めも金糸が入っている淡めの色のものを使い、全体的に明るめのトーンにしてみました。

インスタグラムに上げた写真ですがこんな感じです。画像編集が上手くなくて実際のお色とはちょっと違うのですが。。。

卒園式を行うとはいえ規模を縮小させるので華やか過ぎない御召がいいかなーと選びましたが、結果的に周りのスーツの皆様の中でも浮かずにすんだと思います。

夫には目立ちすぎず、でも華やかさはあると言ってくれて好評でした。

訪問着や附下はあまり柄の派手なものは避けた方が無難。クリームや黄緑、薄いピンク、水色などの優しい色味で唐織や刺繍があまり入っていないものであれば春らしくて素敵だと思います。

帯もフォーマルなので金糸銀糸の入った袋帯。九寸の名古屋帯でもキラキラしててフォーマル感があればいいのかもしれませんが、初級者は避けた方が無難かなぁという気がします。

一番大切なのはその場に合うコーディネートであることですから、普段の園や学校の雰囲気で派手目にしても大丈夫そうなのか、それとも控えめにした方がいいかを判断するのがいいでしょう。

紋付の色無地で春らしい明るい色だと間違いないと思います。

私もゆくゆくは若葉色とかアクアブルーの色無地を紋付で作りたいなと狙っています。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。