着物を着るのに必要なものその2

着物を着るのに必要なものを書いていきます。

前回は肌襦袢、長襦袢で必要なものを書きましたが、今回はその続き。

③着物を着る時に必要なもの

・着物。着たい着物。紬や木綿の着物はつるつるしていないぶんきやすいです。摩擦で折った部分が止まりやすいですし、腰紐も思った通りの位置で結べます。

・着物クリップ。長襦袢と着物の背中心を合わせたら着付けの途中でずれないように留めておくのに使います。帯結びのときには帯をまとめておくために使います。背中側の襟元(衣紋のあたり)で長襦袢と着物をまとめて合わせておきます。そのとき長襦袢の襟より着物の襟が少し上になるように重ねるのをお忘れなく。

・腰紐。裾の位置を決めたら腰紐でしっかり結びましょう。結ぶ位置は着物の身丈によって違いますがおはしょりがきれいに出る位置で。一般的にはヘソの位置とか腰骨の一番高いところとか言われてますが、私の通っている着付け教室ではウエストの位置で結びます。なので身丈も身長よりやや長め。

・コーリンベルト。着物の襟元を整えるために使います。長さは肩幅+10センチくらいを目安に調整しましょう。

・伊達締め。コーリンベルトが動かないように固定します。帯の位置を考えて高すぎず低すぎずの場所にしっかり結びます。私は伊達締めの位置が高くなりすぎて帯が上の方になり、結果おはしょりがめっちゃ長くなってしまうのでここを結構気を使います。

④帯結びのときに必要なもの

・帯。結びやすいもの。半巾帯だと楽チン。ここでは名古屋帯、袋帯のときに必要なものを書きます。最初のオススメは博多帯。私も博多帯が結びやすいのでこればかり使ってます。

・仮紐2本。お太鼓を作るときに使います。上線の位置で1本、下線の位置で1本使うので計2本使います。腰紐でも大丈夫。着付けが完了したら外します。お出かけで着崩れ直したいとか可能であれば帯を結び直したいというときに2本持ち歩いてると何かと便利です。

・帯枕。お太鼓の形を決めるものです。帯枕の長さ、厚さはお太鼓の形に大きく影響を与えるので大事。若い方は大きめ厚め、年齢が上がると薄めのものにシフトしていくようです。私は個人的には小さめ薄めのお太鼓が好きです。なので買い換えたい。硬いと背中が痛くなるので柔らかめの素材の方が動きやすさ的にはいいと思います。

・帯揚げ。帯枕のガーゼを覆うもので帯の上側にちょっとだけ見える布です。

年齢が上がると帯の中にしまうので正面からはかすかにしか見えないし、横からちらっと見えるくらいです。でもここにあざやかな色をさすか淡目の色で和らげるかで着物の印象が全く変わってしまいます。

・帯締め。帯の真ん中にある帯をまとめるための紐。帯揚げと同じく見える面積は小さいですが全体の印象ががらっと変わるとっても重要なもの。

私は着物は高くて買えないけど普段のコーディネートをちょっと変化させたいというときに帯揚げ帯締めを買います。

小物入れに少しずつ増えてきた帯揚げと帯締めをみていると心がときめきます。多色づかいのものは結構使い勝手がいいです。

・帯留め。帯の真ん中に陶器や金属、ガラスでできたものが紐に通してあるのをみたことありますか?あれです。

細めの帯締め(二分紐など)に帯留めを通して結び、帯留めを前、帯締めの結び目を後ろに持っていきます。

茶道では茶道具に傷をつけないため帯留めはNGですが、帯留めは季節感を出したいのに便利。パールの帯留めなどはセレモニー感がでてとっても素敵ですね。

といった感じで着物を着るのに必要なものを紹介してみました。もし書き漏らしがあったらすみません。。。

結構着物をただ着るだけでも必要なものって多いですよね。とりあえずは着付けセットとして販売されているものを買って、おいおい自分好みの小物を探してみるのがいいように思います。

またおいおい着物用品などについてアップしていきますのでよろしくお願いします。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。