補正

夫は花粉症なのでこれからの季節マスクが必需品なのですが、最近はどこ行っても売り切れですね。

なので、鼻の穴に直接フィルターみたいなのを入れるタイプのマスクと鼻のあたりに塗ることで花粉を無害化する(?)塗り薬を買ってきていました。

さて、先日着物の補正具を作ったのですが、着物の補正具って、太ってみえるようになるのではと思っていたのですが、自分の体型を把握した上で必要な補正をした場合、むしろすっきりして見えるようになるんですね。

補正をしないで体のくびれを残した状態で着付けをすると、どうしても伊達締めや帯、紐類をしたところにシワがよって、出来上がったときに胴部分がシワシワになってあまりきれいじゃないんですよね。

私の場合は背中の腰の部分が反り腰気味でへっこんでいるので、その部分にタオルを2枚くらい当てると着付け前は膨らんでいるんですけど、着付け終わった後にみると、後ろのおはしょりとおしりのあたりに変な隙間があったのが埋まってスッキリしてみえるようになりました。

そこに隙間があるとタレも折れ上がりやすくなってカッコ悪いですし。。。

太って見えるかと思うのですが、自分の胸幅、腰幅に合わせてタオルを巻いたり当てたりするので最大の幅は実は大してかわらないんですよね。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。