単衣がない!

さて、またもお着物の話ですが、茶道を始めました、着物の着付けを習い始めました、というと、周囲の方にお着物を譲っていただくことができました。

サイズが合うお着物も数着あったので茶道のお稽古には小紋を着ていて、着付け教室には紬で行っています。

他にも素敵なお着物、しかもしつけ糸のついたままの未使用のものもあったので、なんとか少しずつお直しをして大切に着られればいいなあと思っています。

と、着物を始めたばかりにもかかわらず、今日はどれを着ようかななどと着物生活を満喫しているのですが、着物には時期によって着られるものと着られないものがある、とのこと。

今の季節は寒いので袷という裏地の着いた着物を着ていますが、少しずつ気温が上がると袷では暑すぎるので単衣という裏地のないものに衣替えします。

昔は6月と9月が単衣の季節と言われていましたが、昨今の温暖化によって4月から早い人は単衣を着ていらっしゃるそう。

秋も10月頃はまだ単衣を着る方もいるとか。

ただ、お洒落を先取りするのがお洒落と言われているのは着物も同じで、秋にはあまりダラダラ単衣を着ない方がいいと聞きましたが。

そういう場合は中に着る襦袢を薄手のものにして外は袷にするそうです。

7月8月は真夏なので単衣でも夏用の少しすけた反物で夏物の置き物があるそう。

さて、今回私がいただいたお着物ですが、全てが袷だったので、このままでは夏にお着物が着られないという事態に。

いただいたお着物の中で仕立て直すか、新しくあつらえるか。。。

今から少しずつ検討していこうと思います。

もえ

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。